西原良三さんがダイエットで驚いたこと

###Site Name###

老若男女、誰もが体型のことを気にしています。よりスリムになるためにダイエットを行っている方は大勢います。西原良三さんも体型維持に努めています。
ダイエットには色んな方法があります。食事や運動に気を遣って少しずつ痩せるものから、ジムなどに通って一気に体重を落とすもの、 食事を何か別のものに置き換えるなど様々あります。
西原良三さんは体型維持に努めているため、極端なダイエットはしません。 適度な我慢なら西原良三さんは出来ますが、炭水化物を一切取らなかったりたくさん運動をするタイプのダイエットはしていません。

西原良三さんはあるテレビのダイエット特集を見て驚きました。沢山体重を減らして見た目はスリムでも、内臓などが大変になっている方がいたからです。 テレビの中では肝臓に負担を掛けて、肝臓に脂肪が溜まってしまう方が出ていました。「痩せているのに健康的ではないのか?」と西原良三さんは驚きました。

肝臓に脂肪が溜まってしまう方のダイエットは、急激な体重増減を繰り返している人でした。短期間でたくさん痩せ、その後にリバウンドをする。 そしてまた短期間で痩せる。そういった方が見た目は痩せていても肝臓に負担を掛けています。 見た目としては健康的なのに、体内的には負担がかかり肝硬変や肝臓がんの危険性をはらんでいると知って西原良三さんは驚きました。

その番組を見て西原良三さんが知ったのは、ダイエットは緩やかに体重を落とすことが重要ということです。 体重は半年から1年かけて体重をじっくり落とします。運動は30分程度のウォーキングを、食事は極端に減らすだけでなく少し減らすことが大事だということです。 1つの食品だけ食べるのはもってのほかということを西原良三さんは理解しました。
さらによく睡眠を取る事もダイエットでは大事です。これらをすることで健康的に痩せられるのです。

西原良三さんはハードなダイエットはそこまで悪いのかと驚きました。自分がやっているくらいが丁度いいということを知ったのです。
極端に一気に痩せず、少しずつ体型を絞る。極端に体重を落とさないようにダイエットを我慢するという考え方に西原良三さんは驚きました。